トップ

安全な住宅を建てるために

自然素材で出来た住宅

住宅の安全性にも気を配る

住宅を建てるときにはいくつかのステップを踏みます。まず設計図を作成し、どんな家にするかを考えます。使用する材料や設備なども選ぶ必要があります。これらを十分検討することで、納得のいく住宅を建てることができるのです。最近では、健康に住めるということにこだわるという人も増えています。それは、化学物質を多く含んだ素材などを利用した家に住んで、シックハウス症候群になったという事例があるためです。これを防ぐためには、化学物質を含まない木材などを使用する必要があります。最近では、それに対応して、自然素材のみで建てる注文住宅を取り扱っている会社などもあります。

高齢者

天然素材で建築された注文住宅

建材等から発生する化学物質が健康に影響を及ぼすシックハウス症候群が問題になっていますが、木材などの天然素材で建築された住宅はホルムアルデヒドなどの化学物質を含まず、接着剤や断熱剤にも安全なものを使用していることもあり、人気を集めています。近年の住宅は気密性が高いため、汚れた空気が充満しやすいのが難点ですが、木材になっても呼吸を続ける天然素材は、空気中の有害物質を吸着する働きも期待できます。シックハウス症候群は子供の方が影響を受けやすく、健康へのリスクがあるため、有害物質への対策を万全にしたい方は、自然環境に近い注文住宅を販売している業者に依頼するのがおすすめです。

↑PAGE TOP