トップ / 住宅を作る際のポイント

住宅を作る際のポイント

注文住宅を作るなら

モダンなデザインの住宅について

どんな住宅が夢ですか。家を買うなら、注文住宅にしたいと思っていませんか。建売もいいけれど、せっかく家を買うなら、自分好みのデザインをした注文住宅に住んでみたいと言う方も多いです。いろんな住宅がある中で、デザインに凝った家が最近増えています。昔ながらの間取りではなく、モダンな雰囲気の家は見ているだけでも楽しいですよね。新築の家に招待されて、モダンなデザインの室内を見て、いいな、と思ったこともあるのではないでしょうか。今は、施主の意向やアイディアをふんだんに盛り込んだ家が増えています。外観も素敵ですが、内側も凝っていて、工夫されたレイアウトの空間が満載です。

高齢者

注文住宅のデザインの落とし穴

近年日本人は持ち家志向が低くなっていますが、住むなら注文住宅という人もまだまだ多いことでしょう。特に女性は、モダンでおしゃれな住宅に住みたい、なんて夢をお持ちだと思います。しかし、デザインを重視しすぎて性能がてんでダメ、ということにならないようにしてください。ご自分の家を作る際の注意点を2点ご説明します。1.窓を作りすぎないこと。家の中の暖かい空気は窓から逃げていきます。最近はサッシの性能が高いため、通常の範囲であれば問題ないですが、作りすぎるととっても寒い家が出来ます。2.奇抜過ぎる形の家にしないこと。家の形で耐震性が一番強いのは正方形です。三角などのデザイン重視の家だと、地震が来た時に壊れる可能性が上がります。住宅の検討をする際は以上の2点に気を付けて、ぜひいい家をご建築してください。

↑PAGE TOP