トップ / バリアフリー住宅について

バリアフリー住宅について

高齢者にやさしい住宅

住宅はバリアフリーが重要

最近の注文住宅ではバリアフリー住宅が基本となってきています。お年寄りとの同居の予定があったり、赤ちゃんが生まれる予定があるという家庭では、なるべく段差をなくした造りにしておいた方が、転倒などの事故を防ぐことができるのです。階段や玄関に手摺を付けておくことで、つかまりながら階段を上ったり、靴を履いたりするということができますので、生活がとても楽になるのです。こういったバリアフリー住宅は新築で建てるという人にとっては基本中の基本となっていますし、お風呂場やバルコニーへも段差がなく行けるようにしているという家もあるのです。

高齢者

バリアフリーで高齢者に優しく

高齢者が身近になった現代において、お年寄りの存在が大きなものとなっています。注文住宅の分野でもこうしたお年寄りだけではなく、身体障害者や幼いお子さんが安全に暮らせるようなバリアフリー住宅に注目が集まっています。ポイントは、必要な設備を過不足なく入れておくことで、不要な設備は後からでも追加できるような仕様にしておくことです。一般的な住宅では、必要な場所に手摺を取り付けたり、段差をなくすような配慮をしている場合がほとんどです。老化は少しずつ進んでいくものですから、住む人の老化の進度に合わせたバリアフリー設計が最適でしょう。

↑PAGE TOP